微速度撮影用リモコン

α6000で微速度撮影する際は、いえながさんが作成されたマルチインターバルタイマリモコンを使用しています。
微速度撮影している方ならご存知なんではないでしょうか。

私が購入した頃はまだ、ご自身で部品を梱包して販売しておられたので販売数がかなり少なくなかなか入手できませんでした。最近ではスイッチサイエンスさんが代行販売されているのでAmazonでも購入可能です。

マルチインターバルタイマリモコン2(SMD版)完成品

新品価格
¥3,132から
(2015/2/9 19:20時点)

初期の頃に比べるとかなり小型化されており、電源も電池ではなくUSB給電に変わっています。(電池も利用可)

 

内蔵アプリのタイムラプスではなくこのリモコンを使用している理由はいくつかありますが、そのうちの1つに「設定をすぐに変えられる」ことがあります。仕組み自体は唯の赤外線リモコンなので、撮影を始めた後でも自由に設定を変えられる。これが結構大きい。

もう1つは、買ったのがNEX-5を使っていた頃だったということ。NEX-5はアプリに対応してないですしね。α6000に買い替えても既にインターバルタイマリモコンがあるのなら敢えてアプリを購入する必要も無いんじゃなかと。

 

微速度撮影はシャッターを酷使するので、NEX-5の方はそろそろシャッターが死んでしまうのではないかと心配です…

Compositeサンプル
f/5.6 ISO1600 10sec – Composite – NEX-5 with SEL16F28+WC
2013ペルセウス座流星群
f/2.8 ISO3200 10sec – Composite – NEX-5 with SEL16F28+WC

注意しないといけないのが、α6000は設定でリモコン「入」にしているとパワーセーブ機能が働かないということ。
微速度撮影が終わったら(リモコンを使わないなら)、設定を「切」にするのを忘れないようにしましょう。

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です